ポートライナー 快速運転 Port Liner rapid drive

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

神戸空港→三宮

 

三宮→神戸空港

 

Push this button
and you can use your language!!!

 

おこがましいようですが、数百円でもいいので、以下から活動費のご支援を頂けると助かります。

 

今回は

ポートライナーの快速運転

の前面展望をご紹介します。

 

 

新交通システムについて

 

まず

ポートライナー

とは何か?

 

ポートライナーは神戸市を走っています。

 

神戸市中心部の三宮駅と神戸空港を結んでいます。

 

位置等は神戸新交通公式HP

神戸新交通 (knt-liner.co.jp)

をご参照下さい。

 

一般にイメージされるような電車と違って、

・専用のコンクリートの道を・ゴムタイヤの電車が

・無人運転で

走っています。

 

この形の乗り物は、日本では

「新交通システム」

と呼ばれています。

 

コンクリートの道ですが、

法律上は ‘鉄道’ 扱いです。

 

 

新交通システムの快速運転

 

日本の新交通システムは、一般的には各駅停車で運行されています。

 

日本の新交通システムで速達列車が運行されていたのは2例しかなく、

撮影当時、快速運転をしていたのはポートライナーだけです。

 

そこまで詳しく調べて乗った訳ではありませんでしたが、

結果的に僕は日本唯一の映像の撮影に成功したのです。

 

この快速運転の通過駅と停車駅は以下の通りです。

 

 

‘快速’ といっても2駅しか通過しないんですね。

 

2006年の神戸空港開港に伴い、ポートライナーが延伸されてから快速運転が登場したらしいです。

 

撮影当時は

日中、三宮と神戸空港を往復する電車は、全て快速でした。

 

ポートライナーでは至ってありふれたダイヤだったんです。

 

だけど

ある日、久しぶり三宮駅に行ったら、日中の神戸空港行きの電車が普通ばっかりになっていました。

 

調べてみると、

2016年3月のダイヤ改正でポートライナーの快速運転が廃止になったとの事。

 

衝撃でしたね。

 

こんな事になるんなら事前にもっとよく調べといたらよかった、と思いました。

 

嘆いても、もう遅いんですが…

 

撮影時、空が霞んでるような感じだったので、本当はもっと綺麗に青く澄んだ景色で撮影したかったのです。

 

でも、まあ

廃止になった以上、再度の撮影は物理的にも不可能ですし、

霞んだ空もまた趣があるかなあと考え直しています。

(後づけの思考という感じは否めませんが)

 

今はなき映像ですので、ぜひお楽しみ頂けたら幸です!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました