JR Umeda Cargo Line B Rapid Service 梅田貨物線経由「B快速」

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

Push this button
and you can use your language!!!

 

今回は「梅田貨物線経由 B快速」をご紹介します。

 

 

 

概要

 

まず、この電車は2018年3月に廃止になりました。

 

なので、今では見る事のできない、貴重な映像です。

 

この電車の運行区間は、和歌山→新大阪。

 

経由路線は以下の通りです。

和歌山→天王寺:阪和線

天王寺→西九条:大阪環状線

西九条→新大阪:梅田貨物線

 

 

梅田貨物線

 

梅田貨物線は、吹田貨物ターミナル駅と西九条駅を結ぶ路線です。

 

名前の通り、貨物列車の迂回路線として建設されました。

 

この路線、大阪駅を経由しないんですね。

 

西九条から桜島線という路線が出ており、元々この路線は貨物路線として重要だった様です。

 

今でも桜島線には、安治川口という駅があるのですが、安治川口駅には貨物ターミナルもあるんです。

 

大阪駅を通らず、西九条方面に直通できる便利な路線ではあります。

 

人でごった返す駅に、貨物列車なんて通過されても意味ないですからね。

 

確かに、昭和から平成にかけて、貨物列車の需要は減り続けてはいました。

 

でも、梅田貨物線を使えば、関西空港や和歌山方面に、大阪駅を経由せずに行けます。

 

それが便利だとJR西日本も気づいた様で、梅田貨物線では、関空特急や、和歌山、南紀白浜方面への特急が多数運転されています。

 

‘貨物線’といいつつ、旅客列車もそれなりの数、運転されてるんですね。

 

2021年現在、梅田貨物線を走る旅客列車は、全て特急列車です。

 

然し、2018年3月までは特急列車以外にも、梅田貨物線を走る旅客列車がありました。

 

その1つが、今回ご紹介している「B快速」です。

 

 

B快速

 

「B快速」は、阪和線を経由する快速の一種です。

 

阪和線を走る快速は、更に「紀州路快速」とか「快速」とか、色々細かく別れています。

 

何が違うのかというと、幾つか要素はありますが、大きいのはやはり停車駅じゃないでしょうか!?

 

特に日根野-和歌山の区間で、通過駅があるかないかの違いが大きいと思います。

 

B快速は、この区間を各駅に停車していました。

 

B快速という種別も、2018年に廃止になったので、この情報は、もう役に立ちませんが。

 

阪和線以外の路線に乗り入れるからといって、「B快速」という呼び方が変わる訳ではありません。

 

大阪環状線に乗り入れても、梅田貨物線を走行しても、B快速はB快速のままでした。

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました