via JR Tozai Line come and go Amagasaki Sta “Direct Rapid Service”  JR東西線経由 尼崎駅発着 「直通快速」

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

Push this button
and you can use your language!!!

 

今回は「JR東西線経由 尼崎駅発着 『直通快速』」をご紹介します。

 

概要

 

2019年3月、新大阪~放出が開業し、既に部分開業していた放出~久宝寺とあわせて、おおさか東線が全通しました。

 

それに伴い、直通快速は、おおさか東線経由で、奈良と新大阪を結ぶ様になりました。

 

ですが、それ以前、直通快速は、JR東西線経由で、尼崎へ乗り入れていました。

 

今回ご紹介するのは、尼崎駅発着時代の、旧運用の直通快速です。

 

1日数往復の運転でした。

内訳は以下です。

朝:奈良→尼崎が数本

夕方:尼崎→奈良が数本

 

運行経路

 

まず、JR西日本の近畿圏の路線図を引用します。

JR西日本路線図:JR線 近畿エリア路線図 (jr-odekake.net)

 

当時、直通快速は奈良~尼崎を結んでいました。

 

全てJR西日本の路線です。

 

経由路線は以下の通りです。

・奈良~久宝寺:大和路線

・久宝寺~放出:おおさか東線

・放出~京橋:学研都市線(片町線)

・京橋~尼崎:JR東西線

 

奈良~久宝寺

 

この区間は大和路線を走りました。

 

奈良、郡山、大和小泉、法隆寺、王寺、久宝寺に停車しました。

(奈良~王寺は実質各駅停車)

 

王寺~久宝寺に、三郷、河内堅上、高井田、柏原、志貴、八尾、という駅がありすが、通過してました。

 

この区間の停車駅は、大和路快速や快速と一緒ですね。

 

久宝寺~放出

 

この区間で、おおさか東線を走ります。

 

2008年には、この区間は既に「おおさか東線」として先行して開業してたらしいです。

 

当時、この区間には、JR長瀬、JR俊徳道、JR河内永和、高井田中央、の駅がありましたが、全て通過してました。

(今はJR河内永和と高井田中央には停まります)

 

久宝寺と放出しか停まらなかったんですね。

 

今回ご紹介してる映像は、おおさか東線内の途中駅を全て通過してた頃の貴重な映像です。

 

放出~尼崎

 

この区間で、学研都市線とJR東西線を走ります。

 

正確に書けば、放出~京橋は学研都市線で、京橋~尼崎はJR東西線です。

 

が、電車の運行系統が別れておらず、殆どの電車がこの2つの路線を直通します。

 

京橋駅で路線が別れてるなんて、誰も気にしてないし、気にする必要もないです。

 

なので僕も、まとめて書きます。

 

放出~京橋は学研都市線を走りますが、途中の、鴫野は通過しました。

 

放出と京橋だけ停まりました。

 

一方、京橋~尼崎はJR東西線を走りますが、この区間は各駅に停まります。

 

JR東西線は、通過列車なしです。

全ての電車が各駅に停まります。

 

直通快速も例外ではありませんでした。

 

因みに、学研都市線は、正式には「片町線」といいます。

 

が、正式名で案内される事は殆どありません。

 

「片町線」という正式名を知らない人もいるんじゃないかな!?

 

なので、この記事でも「学研都市線」という表現で通します。

 

使用車両

 

207系、321系について

 

直通快速に使われる車両は207系又は321系です。

207系

321系

 

 

どっちに乗るかは、その時になってみないとわからないです。

 

見た目には多少の違いはありますが、車内はロングシートで、日本で一般的な通勤電車の形式です。

 

ロングシートとは、こんな感じです。

 

321系は、天井にテレビがあって、ニュースや広告とかが無音で放送されています。

 

207系にはテレビはありません。

 

撮影

 

前面展望を撮影するなら、僕は321系の方をお勧めします。

 

理由は、トンネル内での車内の映り込みの度合いが、321系の方がましだからです。

 

実際に比較してもらえると分かり易いかと。

207系

321系

 

ただ、これらの写真は「iPod Touch 第5世代」で撮った写真です。

 

カメラが古いんですね。

 

新しいカメラ程、精度が上がってるので、321系でも、より車内が映り込み易くなってます。

 

223系から207系、321系に交代した理由

 

昔は223系が使用されてたそうです。

 

なぜ207系や321系に交代したのかというと、JR東西線のホームドア設置の為です。

 

223系は、1両に3扉あります。

 

対して、207系や321系は、1両に4扉あります。

 

4扉車と3扉車では当然、扉同士の間隔が違います。

 

当たり前ですが、ホームドアを設置するにあたって、扉の間隔がバラバラの車両に対応するのは難しいです。

 

元々、JR東西線では、直通快速以外は、207系か321系しか使用されていませんでした。

 

だったら直通快速も、207系か321系に合わせた方が楽ですよね。

 

という訳で、直通快速の運用が交代したんです。

 

大和路線、おおさか東線とインバーター車両

 

大和路線で普段、運用されてるのは201系、221系です。

おおさか東線で普段、運用されてるのは201系です。

201系

221系

 

この2つに共通してるのは、インバーターを積んでいない事。

 

電車のモーターの制御方式として、最近の主流はインバーターです。

 

発着時に独特な音がでるものですね。

※映像はYouTubeから引用しました。

 

特に大和路線は、インバーター未搭載車の‘聖域’の様な感じがあります。

 

他の路線はインバーター車がどんどん主流になっています。

 

が、大和路線ではなぜか、昔からのインバーター未搭載車がいまだ主流なんですね。

 

207系も321系も、インバーター搭載済です。

 

直通快速は、大和路線でインバーター車が使われる数少ない例なんですね。

 

その点でも、これらの映像は珍しいといえるでしょう。

 

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました