Hankyu Minoo Line Hankyu Takarazuka Line direct “Semi Express” 阪急箕面線 阪急宝塚線 直通 「準急」

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

Push this button
and you can use your language!!!

 

今回は「阪急箕面線 阪急宝塚線 『準急』」をご紹介します。

 

この電車の見所は、以外2つです。

・阪急箕面線と阪急宝塚線を直通する

・準急列車である

 

まずは、両線の停車駅案内をご覧下さい。

停車駅_宝塚線190119ol (hankyu.co.jp)

 

阪急箕面線と阪急宝塚線は、普段は運行系統が別れています。

 

ですが、平日早朝ダイヤのみ、両線を直通する列車が設定されています。

 

2021年現在、両線を直通する列車は、平日朝の箕面発梅田行き普通が2本のみです。

 

しかし、2018年6月までは、平日朝のダイヤで、かなり沢山の電車が、両線を直通していました。

 

現在、箕面線と宝塚線を直通する電車は、普通列車のみですが、2018年6月以前は、準急列車の設定もありました。

 

その準急が、この映像です。

 

平日朝の時間帯は、普通も準急も、箕面線と宝塚線を直通する電車がちょこちょこありました。

 

然し、2018年6月のダイヤ改正で、大方消滅してしまいました。

 

箕面線と宝塚線を直通する準急は消滅し、普通は2本のみと、大幅に激減されてしまいました。

 

正直、ここまで減らされるとは思ってませんでしたね。

 

準急を廃止に追いこむとは…

 

箕面線では、通常、4両編成で運転されています。

 

ですが、宝塚線に直通する電車は、8両で運転されています。

 

宝塚線の輸送力に対応する為ですね。

 

前面展望からでは、両数の確認はし辛いですが。

 

箕面線と宝塚線を直通する準急の前面展望で、特筆すべき点があるとしたら、石橋駅の3号線・4号線です。

 

以下は、石橋駅の構内図です。

 

3号線・4号線は、箕面線と宝塚線を直通する電車が発着する時しか使われません。

 

 現在では、両線を直通する電車が大幅に減った事に加え、大阪梅田→箕面の電車が全廃されたので、3号線と4号線の前面展望は大変珍しいものとなっています。

(動画の6:49-9:45)

 

因みに、石橋駅は、撮影当時は「石橋」駅でしたが、2019年10月に「石橋阪大前」駅に改称されました。

 

「石橋」駅で案内されていたのも、また貴重です。

(動画の5:20-5:30)

 

後、準急ですが、阪急宝塚線では、準急は平日朝しか設定されていません。

(動画の9:45-32:27で準急運転をしています)

 

その点でも、この動画は珍しいものといえるでしょう。

 

もっとも、通勤でしか電車に乗らない人であれば、珍しくも何ともないでしょうが。

 

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました