Echizen Railway Hokuriku Bullet Train viaduct use えちぜん鉄道 北陸新幹線高架の間借り

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

Push under button
and you can use your language!!!

 

今回は「えちぜん鉄道 北陸新幹線高架借用」をご紹介します。

 

 

えちぜん鉄道

 

えちぜん鉄道は、福井県北東部(旧越前国)を走る鉄道です。

 

三国芦原線、勝山永平寺線の2路線があります。

路線図

 

 

勝山永平寺線

 

三国芦原線

 

僕が乗った時、福井駅からは、勝山駅行(勝山永平寺線)と三国港(三国芦原線)が交互に発車していました。

 

勝山行、三国港行それぞれ30分に1本

 

福井駅全体では15分に1本の発車頻度です。

 

正確には、三国芦原線は福井駅の2つ隣の福井口駅が起点の様です。

 

電車は全て福井駅まで乗り入れるんですけどね。

 

三国芦原線は、福井鉄道福武線と直通運転をしています。

 

区間は田原町⇄鷲塚針原

 

全て各駅にとまります。

 

 

北陸新幹線の高架を借用

 

福井駅にはJR北陸本線、えちぜん鉄道、福井鉄道が乗り入れます。

 

北陸新幹線も乗り入れる予定で、工事が着々と進んでいます。

 

県は、北陸新幹線の工事に合わせ,福井駅周辺のえちぜん鉄道と北陸線を高架にしようと、かねてから計画していました。

 

計画が実現すれば、福井駅周辺の踏切5ヶ所がなくなります。

 

車の流れもよくなり、踏切事故も減らせます。

 

北陸線は既に高架化済。

 

北陸新幹線も架設工事は済んでるという状況でした。

 

では、えちぜん鉄道の高架工事をどうするか?

 

工事中も電車は走らさなければなりません。

 

そこで出た案が、高架工事中、北陸新幹線の架設を間借りするというもの。

 

新たに仮の線路の用地を確保するより効率的だったのでしょう。

 

こうして、’新幹線を走るローカル電車’が誕しました。

期間限定で。

 

新幹線の架設を間借りするのは,過去に東海道新幹線の工事中もありました。

 

阪急京都線が,並走する3km程の区間,東海道新幹線の架設を間借りして運転していたのです。

 

東海道新幹線を1番最初に走ったのは、実は阪急電車だったのです。

 

新幹線と阪急は、線路の幅は同じです。

 

標準軌といって、幅1435mmです。

 

だから、新幹線と阪急は、線路さえ共用できました。

 

一方、今回、えちぜん鉄道の線路幅は1067mm。

 

狭軌といわれる規格です。

 

なので、線路の共用まではできなかったんです。

 

ちょっと残念ですね。

 

とはいえ、新幹線の架設を一般の電車が走るという景色は、半世紀以上ぶりの実現です。

 

僕を喜ばせるには十分です。

 

僕が行った時には、間借りの終了が発表されてて,もう残り僅かとなっていました。

 

最高の天気の中、撮影できました。

 

光栄です!!

 

 

MC5001形

 

今回、僕が乗車した車両は、MC5001形という車両です。

 

この車両は、えちぜん鉄道に1両しか在籍していません。

 

僕はこの車両を狙って乗車しました。

 

1両しかない為、来るまで結構な時間待ちました。

 

他の車両ではなく、なぜMC5001形を狙ったのか!?

 

他の車両は、乗務員室と客室を仕切る窓がありません。

 

僕は前面展望の撮影時、窓にカメラ軽くを押しつけ、手と窓でカメラを軽く固定します。

 

乗務員室と客室を仕切る窓がないという事は、カメラを固定する為の窓がない事を意味します。

 

そうすると、ブレる可能性が高くなるんすね。

 

MC5001形は、乗務員室と客室を仕切る窓がある唯一の車両だったんです。

(2018年現在)

 

だからM5001形に乗車しようと決めたんです。

 

撮影時、僕は1泊2日で福井に滞在しました。

 

1日目に三国芦原線、2日目に勝山永平寺線を撮影しました。

 

幸運にも、MC5001形が、1日目に三国芦原線、2日目に勝山永平寺線の運用に就いていました。

 

MC5001形の運用がなかったら、ブレも覚悟せねばなりませんでした。

 

ですが幸いにも、行きたい日に行きたい路線でMC5001形の運用がありました。

 

なので三国芦原線、勝山永平寺線とも,綺麗な前面展望を撮影できました!!!

 

 

えちぜん鉄道を安く乗る方法

 

えちぜん鉄道では、共通1日フリー切符が発売されています。

 

えちぜん鉄道の全路線が1日乗り放題の切符です。

 

有人駅、又は乗務員から買えるらしいです。

 

詳しくはえちぜん鉄道のHPをご覧下さい。

一日フリーきっぷ - えちぜん鉄道株式会社

 

販売額は以下の通りです。

  • 中学生以上=1000円
  • 子供(小学生)=500円

 

「えちてつサポーターズクラブ」なるものに入ってると、もう少し安くなるみたいですが。

 

土日祝と年末年始の内の1日が有効です。

 

正直、このフリー切符はかなりお得だと思います。

 

仮に福井駅から、通常運賃で乗ったとします。

 

そうすると、以下の駅に行くのに、片道の運賃が500円を超えてしまいます。

  • 西長田ゆりの里(三国芦原線)=530円
  • 光明寺(勝山永平寺線)=530円

 

これらの区間を往復すると1060円。

 

よって、これらの区間以上に遠い区間を乗るなら、フリー切符を買った方がいい計算になります。

 

たとえ1往復だったとしてもね。

 

日本の鉄道会社で、この手のフリー切符を発売してる会社は多いです。

 

しかし、1往復しただけで元がとれるフリー切符は、そんなに多くはないと思います。

 

統計をとった事がないから、肌感覚での計算になってしまいますが。

 

とにかく、だいぶお買い得な切符であるのは間違いないでしょう。

 

土日祝にえちぜん鉄道に乗るなら、このフリー切符はお勧めできますね。

 

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました