Ueno Zoo Monorail 上野動物園モノレール

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

Push under button
and you can use your language!!!

 

今回は「上野動物園モノレール」をご紹介します

 

 

 

動物園内だけのモノレール

 

このモノレールは、上野動物園の東園と西園を繋いでいます。

 

上野動物園って、東園と西園が公道で隔てられてるんですね。

 

それら2つの園を繋ぐ為の乗り物です。

 

乗ってる時間は3分ぐらいです。

 

すぐ着きます。

 

2つの園を隔ててる道って、そんなに大きな道じゃないですしね。

 

  • 大人150円
  • 子供80円

上記が料金体系だったそうです。

 

実は、東園と西園を繋ぐのは、モノレールだけではありません。

 

モノレールと並走して、歩道橋もあります。

 

そんなに歩き難い歩道橋じゃないですよ。

 

確か、階段がなかったです。

 

スロープになってて、乳母車とかでも全然楽に渡れたはずです。

 

僕がもし鉄道好きじゃなかったら、絶対モノレールなんか乗らないですけどね。

わざわざ150円も払って!

 

だって、普通に歩けるんですもん!

 

「こんなのが売れるんだ」と思いましたね。

 

僕の感覚とは裏腹に、このモノレール、人気だったみたいです。

 

「せっかく来たんだし、記念に乗っておこう」って心理でも働くのでしょうか?

 

はたまた1種のアトラクションの様な感覚なのでしょうか?

 

まあ、日本で一般的なモノレールにはない’風情’はありましたけどね。

外見も中身も。

 

車内の画像は、メーカーである日本車両さんのHPから引用しました。

 

モノレール全体の’雰囲気’が、動物園の雰囲気によくなじんでたんだと思います。

 

 

懸垂式

 

モノレールは大きく分けて以下2つの形があります。

  • 懸垂式=線路にぶら下がる
  • 跨座式=線路に跨る

 

上野動物園モノレールは懸垂式です。

写真を見れば大体想像はつくと思いますが。

 

一口に「懸垂式」といっても、更に幾つか細かく分かれています。

 

今回は1つ1つの解説は省略します。

全部を紹介したらキリがないので。

 

上野動物園モノレール自体は、懸垂式の中でも「上野式」とよばれる形になります。

 

客車がフックに吊られた様な感じ。

 

正面から見たら左右非対称になっています。

 

この形は、世界的にも余りない形の様です。

相当珍しいモノレールなんですね。

 

 

モノレール建設の経緯

 

東京都交通局が運営していました。

 

「なんで上野動物園が運営しないの」って思いませんでした!?

僕は思いました。

 

動物園が直接運営してもいいじゃないですか!?

園内だけの路線ですし。

 

その疑問への答えが、「上野動物園の運営も東京都がやってるから」

 

結局、運営主体は一緒でした!

 

じゃあ、なぜ東京都は上野動物園にモノレールを造ったか?

 

まあ「そんなの東京都の勝手でしょ」っていわれたらそれまでなんですが…

 

太平洋戦争後、東京では交通量が激増しました。

 

それに対応すべく、バスや路面電車に代わる交通手段を開発する計画があったそうです。

 

上野動物園モノレールには、その実験目的もあった様です。

 

残念ながら、モノレールはバスや路面電車にとって代わる事はありませんでしたが。

 

フックで吊られる様な、左右非対称の形って、分岐やすれ違いに対応するのが難しいみたいです。

 

結果として、動物園内のアトラクションの様な立ち位置に納まった訳です。

 

 

廃止

 

上野動物園モノレールは2019年10月で休止になりました。

 

戦後の高度成長期に造られ、相当老朽化が進んでた様です。

 

公式には「休止」という事になってます。

 

が、僕は事実上廃止だと思っています。

 

東京都は以下の趣旨の発表をしています。

「モノレールの今後については、都民の意見を伺いながら決めたい」

 

言い回しからして、余り復活させる気がなさそうな雰囲気を感じました。

 

新車を造ったり、部品の取り替え等で維持できそうな気もしますが…

 

このモノレールは、上野式という、かなり特殊な構造を採用しています。

先程も書きましたが。

 

部品とかを作ってるメーカーも少ないらしく、物品の調達が難しいんだとか。

 

メーカーからは

「新しい車両の製造には3年程度かかる」

「費用は従来より40%上がる」

とか言われてるそうです。

 

メーカーも造る気ないんでしょうね。

 

汎用性のない車両を造っても、大した利益にならんのでしょう。

時間取られる割に。

 

なので、このまま廃止になっていくんじゃないかなあと見立てています。

 

勿論、理論上は復活の可能性のありますけどね。

 

因みに、廃止後はバスが運行されている様です。

 

運賃はタダだそうです。

 

純粋にお金の観点からだけ言えば、モノレールの時より得にはなってますね。

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました