Sanyo Railway Aboshi Line 山陽電鉄網干線 3000系 6000系

未分類
Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア



 

Push under button
and you can use your language!!!

 

今回は「山陽網干線」をご紹介します。

 

 

山陽網干線

 

山陽網干線は、山陽電鉄の路線です。

 

そもそも、山陽電鉄は、本線と網干線しか持ってないんですが。

 

網干線は、飾磨駅と山陽網干駅をむすんでいます。

 

全駅姫路市内にあります。

 

全線が単線。

 

全区間乗ると、大体で片道20分かからない位。

 

大体1時間に4本ぐらい電車が往復してます。

そんなに不便じゃないですね。

 

全電車が山陽網干と飾磨を往復。

途中で折り返す電車はありません。

 

「網干」という駅名は、JR西日本の山陽本線にもあります。

 

同様の駅名ですが、山陽の網干からJRの網干までは2km位あるそうです。

 

移動するには面倒臭いですね。

 

なので勘違いには注意して下さい。

 

どっちかが止まった時の振替輸送も、基本実施されません。

 

全て普通電車のみの運行。

通過電車はありません。

 

飾磨駅で本線と接続します。

 

全電車網干線内での運行。

本線と直通運転する電車はありません。

 

過去には本線と直通する電車もあったらしいですが。

 

使用車両は3000系の系列と6000系

3000系列

 

6000系

 

いずれも3両編成です。

 

女性専用車はありません。

 

6000系は2019年から営業運転開始だそうです。

 

最初の頃は6000系の網干線運用は1編成だけでした。

 

時がたつにつれ、6000系が増えてます。

 

まあ、2020年現在、少なくとも1本は3000系運用です。

 

山陽電鉄は、新車の導入が全体的にゆっくりです。

 

なので、まだ当分は網干線で3000系列を見れると思います。

 

ただ、確実に減ってはいます。

 

なので、早目に見るなり撮るなりしといた方がいいかもです。

 

 

幻の岡山延伸計画

 

網干線は、今は兵庫県の姫路市内で完結しています。

 

ですが、昔は岡山方面まで延伸させる構想があったみたいです。

 

あくまで構想ですが。

 

そもそも「山陽」っていう地名は、岡山、広島ら辺を指しますからね。

 

実際、相生/赤穂方面まで鉄道敷設の免許が交付されたそうです。

 

当時は戦後の経済成長期で、燃料の輸送事情が悪かったらしいです。

 

だから、当時の国鉄に加えて、山陽電鉄の力も使おうってなったんだとか…

 

ただ、燃料の輸送事情が急に回復したらしいです。

 

結局、1970年代に網干から相生/赤穂方面の鉄道敷設免許が失効しました。

 

この免許失効をもって岡山方面への延伸計画は立ち消えになりましたとさ。

 

勿論、工事等の具体的な行動は何もされてないままですよ。

 

前面展望

 

おこがましいようですが、以下から活動費のご支援を頂けると助かります!!!

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました